マクアケで爆売れした「ポータブル電源」をOEMで自社ブランドにしたら儲かるのか?を徹底検証

マクアケで売上が5億円を超えた「ポータブル電源事業」

儲けが出る新規事業のアイディアを探し続けているけど、なかなか良い新規事業候補が見つからない。と悩んでいませんか?

実は儲けが出る新規事業のアイディアをラクに探す方法があります。

それはマクアケで売れた実績のある商品を参考に自社ブランド化して製品開発することです。

なぜなら新規事業のアイディアに悩む原因は、手がかりがないことが大きな要因だからです。

すでに売れている実績がある製品の二番煎じなら成功する確率は非常に高いため、0から新規事業に悩む必要がなくなります。

私はゼロから考えるのではなく、成功実績のある事業を参考にすることで悩むことなくスピーディーに複数の新規事業を立ち上げることが出来ました。

その結果マクアケの成功事例をもとに、自社も含め支援先の新規事業立上に成功してきました。

この記事では新規事業のアイディア企画として、マクアケで爆売れした実績のある「ポータブル電源(ポータブル蓄電池)」をOEMで自社ブランド化したら儲かるのか?について考察を交え解説したいと思います。

この記事を読むことで、新規事業候補として、「ポータブル電源(ポータブル蓄電池)」事業の魅力や可能性について知ることが出来ます。

結論は「ポータブル電源(ポータブル蓄電池)」事業をOEMによって自社ブランド化することは、新規事業として非常に魅力的であるということです。これを機に新規事業として「ポータブル電源(ポータブル蓄電池)」事業をご検討してみてはいかがでしょうか。

どうしてポータブル電源が売れるのか?

アウトドアや緊急時に活躍するポータブル電源。災害などの事態への備えとなったり、アウトドアがより快適になるなど、さまざまなメリットが見込めます。キャンプや車中泊、レジャーなどをイメージしがちですが、ポータブル電源の利用シーンはアウトドアに限ったことではありません。アウトドアの他にも、日常生活における電気代の節約、災害時における非常用電源としての災害対策として活躍しています。モバイルバッテリーはスマホやパソコンの充電程度なら行えるものの、一般家電を動かす程のパワーは備わっていないためバッテリー容量が大きく、定格出力が十分なポータブル電源だからこそ、アウトドアや緊急時の対策としてのニーズがあります。

ポータブル電源(ポータブル蓄電池)とモバイルバッテリーのスペックの違い

ハンディ―サイズで携帯電話が中心の充電に適したモバイルバッテリー、どっしり感はありますがキッチン家電や生活家電等への給電も可能で長時間にわたる電源供給が可能なポータブル電源の違いをまとめてみました。

比較項目ポータブル電源モバイルバッテリー
充電対象USB充電からキッチン・生活・美容家電などUSB充電が可能な製品
定格出力(最大目安)2000W以上100W程度
バッテリー容量(最大目安)2000Wh程度100Wh程度
航空機持ち込みNG基本OK
PSEマークの表示義務なしあり
USBポート
AC/DCポート×
シガーソケット×
ソーラー充電

マクアケではどんなポータブル電源が売れたのか?

マクアケ ポータブル電源部門 売上 第1位

EcoFlow Technology Japan株式会社が手がけるカスタマイズポータブル電源EcoFlow RIVER 600

最大の特徴が、「288Wh〜1440Wh」の容量を選ぶことができ、さらに変えられるポータブル電源。これまでの一般的なポータブル電源が家庭用コンセントからの充電に数時間〜十数時間以上掛けていた事が、X-Stream充電なら0%から80%までの充電がたった1時間、フル充電でも2〜3時間ほどだそうです。

【売上】509,267,400円

【購入者】6,098人

引用元:https://www.makuake.com/project/river_600/

マクアケ ポータブル電源部門 売上 第2位

EcoFlow Technology Japan株式会社が手がけるポータブル蓄電池「DELTA Pro」

3,600Whもの大容量をわずか「2.4時間で80%、フル充電は3.1時間!」という超高速充電が可能だそうです。スマートホームパネル同様の電力を自動で切り替え供給する「EPS機能(無停電装置)」が内蔵されており、オフィスに設置すれば、デスクトップパソコンやサーバーのバックアップ電源として大事な機器を、飲食店に設置すれば、防犯カメラや業務用冷蔵庫の補助電源としてあなたのお店を守ってくれるそうです。

【売上】376,489,900円

【購入者】1,419人

引用元:https://www.makuake.com/project/ecoflow/

マクアケ ポータブル電源部門 売上 第3位

ALLPOWERS INDUSTRIAL INTERNATIONAL LIMITEDが手がける次世代ポータブル・ パワーステーション「Monster X」

「Monster X」とは、これまでの常識を覆すパワフルなポータブルバッテリーです。容量1,700Wh、出力2,000Wで、普通のコンセントと同じように使用できます。1,700Wのバッテリーをアルミニウム合金のタフな筐体に納めており、屋内でも屋外でも、さまざまな環境でお使い頂けます。また、AC出力ポート4口、USBポート4口とUSB Type-Cポート2口に加えて、車用ポート1口を搭載しており、最大11台の電気製品を同時に充電可能というところが特徴的です。

【売上】373,325,800円

【購入者】2,726人

引用元:https://www.makuake.com/member/index/1038325/

マクアケ ポータブル電源部門 売上 第4位

EcoFlow Technology Japan株式会社が手がける次世代ポータブル電源「EFDELTA」

EFDELTAは4つのUSB Type-A(内2つは急速充電対応)、2つの60W USB Type-C、6つのACコンセント出力(周波数50/60Hz対応)を搭載し、さらに最大13デバイスへ同時に給電出来るため、三角タップや変換コネクターを持ち歩く必要はないそうです。

【売上】281,205,200円

【購入者】2,062人

引用元:https://www.makuake.com/project/efdelta/

マクアケ ポータブル電源部門 売上 第5位

AFUストアが手がける大容量ポータブル電源「DLP-8092C」

グローバルメーカーのPHILIPS社が製造元という安心感があります。

【売上】95,687,000円

【購入者】1,258人

ポータブル電源をOEMで製造して自社ブランドで事業化することはできるのか?

クラウドファンディング、マクアケの中でも圧倒的な売上を誇るポータブル電源。テストマーケティングの段階で、5億円もの売上を出せる商品はそうそうありません。一方で非常に複雑な構造をしていそうなこのポータブル電源ですが、専門の知識がない事業者でも新規事業としてポータブル電源ブランドを事業化できるのかを解説していきたいと思います。

ポータブル電源、ポータブル蓄電池をOEMで製造することは出来るのか?

結論、ポータブル電源をOEMで製造することはできます。先ほどのマクアケの中でのポータブル電源の製造国を確認してみます。

売上ランク製品名製造国
第1位EcoFlow RIVER 600中国
第2位DELTA Pro中国
第3位Monster X中国
第4位EFDELTA中国
第5位DLP-8092C中国

ご覧の通り、すべて中国で生産されていることが分かります。これらは基本的に、中国のOEMかODMが基本となっています。

OEMとODMの違いについてはコチラ

製造コストはどれくらいかかる?

中国でポータブル電源をOEM製造するにはいくら位かかるのかを見ていきたいと思います。

製品①2500wのポータブル電源

1個あたりの仕入が最安値が17,719円と非常に安価です。マクアケで1番売れた実績のあるEcoFlow RIVER 600の最大1200wの出力に対して2倍の出力を持っているこの製品。単純に、EcoFlow RIVER 600倍の価格の約8万円でも売れそうですよね。

中国の製品をOEMで製造するときに発生しがちなトラブル

中国OEMを行う際は、思っていたものと違う、約束と違うということがもとになったトラブルが100%発生します。これは中国OEMに精通する代行会社や企画会社に依頼すると簡単に避けることが出来ます。

中国の製品をOEMで製造するときに発生するトラブルについて詳しく知りたい方はコチラ

輸入手続きや物流はどうするのか?

弊社のような中国輸入代行会社に依頼すれば、中国から輸入手続きや物流手配をワンストップで代行してくれます。Amazonや楽天で販売する場合の物流も柔軟に対応してくれる業者に頼みましょう。

失敗しない中国輸入代行業者の選び方!玄人向けオススメ業者をご紹介

自社ブランドでポータブル電源の新規事業を検討されている事業者様に、OEMまたはODM製造による製品開発サービスを提供します。お気軽にお問い合わせください。

弊社のクレバー事業部で新規事業共創支援、マーケティング代行サービスを行っております。新規事業の成功角度を高めたい、市場調査からマーケティング戦略をプロに依頼したい、社内に新規事業立上を任せられる人材がいないなどのお困りごとに対応しております。

失敗しない中国輸入代行業者の選び方!玄人向けオススメ業者をご紹介

中国での製造が上手くいかない。どうしよう・・・

中国でのOEM製造やオリジナル製品の製造にあたり、中国語を喋れない日本人にとって救世主のような存在の中国輸入代行業者。しかも、激安な業者が多いのです。一方、安かろう悪かろうで、安価な中国輸入代行業者を利用したがために起きるトラブルも少なくありません。

輸入代行業者を間違えると、とんでもない目にあうことも・・・

輸入代行業社者のほとんどは、現地の日本語ができる中国人を非常に安価で採用し、労働させています。そんなスタッフ達には、日本人が国内取引で求めるようなサービスクオリティーは提供できないのです。

間違った業者選定をすると、こんなトラブルに・・・

そこで、起きるトラブルは、思っていた品質と違った。サンプルは良かったのに、本番の取引では、粗悪な商品ばかりが送られてくる。その結果、顧客に商品を納品できずに特大クレームに発展することもあります。

失敗しない中国輸入代行業者の選び方を解説

もともと、中国輸入代行を利用する側だった弊社は、既存の中国輸入代行サービスの粗悪なサービスを熟知しています。この嫌な体験をもとに中国輸入代行サービスを作ったので、こんな業者には依頼すべきじゃないということをユーザー視点でお伝えします。

理想の商品作りには、頼れる輸入代行業者が必須

事業会社は、常に良い製品を作る必要がります。そのためには、良い工場を探す必要があります。一方、この工場を探す作業は容易ではありません。なので、コストも工数も掛かる多くの中国輸入代行業者は、基本的に本気で取引先を開拓することはありません。弊社は、過去に理想の商品作りが出来ず本当に辛い体験をしました。なので、事業会社に目線を合わせて、良い製品づくりを考えてくれる輸入代行業者がいなくて苦労したものです。

ストレスフリーで外注できる中国輸入業者のポイント5選

中国輸入は、なにかとストレスが多いです。そこで、安心して外注できる中国輸入業者に依頼できれば、安心して枕を高くして寝ることが出来ます。では、早速ストレスフリーで外注できる中国輸入業者選定のポイントを解説します。

①会員専用サイトを使わずに仕入発注できること

多くの中国輸入代行業者は、独自設計の会員サイトを運用しています。その中で、仕入発注をしたり会計に必要な過去の注文履歴を確認したりすることができるのです。とにかく、動作が遅いし、導線設計がイケておらず、使いにくいんです。つまり、こういうストレスの多い会員サイトを使わないといけないような業者は使うべきじゃないと思います。

②コミュニケーション能力の高い日本人スタッフが対応してくれること

冒頭でもお伝えしましたが、中国輸入代行業者の多くは、現地で中国人スタッフを雇用しています。日本語は多少話せても、専門的な会話や、伝えたいことを伝えるのに、物凄く神経を使っても伝わらない事がほとんどです。やはり、私たち日本人には、日本品質を理解してくれる日本人の担当者が良いと思いました。なので、中国人スタッフとやりとりしなくてはいけない中国輸入代行は避けたほうが良いでしょう。

③日本人の求める品質や思想を共有しながら作業してくれること

残念ながらそんな環境下で働く中国人スタッフに、日本の事業会社が求める品質イメージの共有は難儀です。オンラインミーティングも対応不可な業者が多く、このあたりも重要な選定ポイントになります。

④指定倉庫へ直送手配してくれること

楽天で売ってる場合は、楽天RSLへ。アマゾンで売っているなら、Amazon FBAへ。もしくは、オープンロジ社などを通して国内倉庫業者との連携がある場合は、その指定倉庫へワンストップで配送手配できる業者が理想です。

⑤月額不要で利用できること

中国輸入代行業者のほとんどは、月数万円で利用できます。しかし、この月数万は利用者にとっては、安くて嬉しいことかもしれませんが、輸入代行業者からすると安すぎるのです。つまり、安くサービス提供しているので、それだけ粗悪なサービスになってしまっても仕方ないこととなります。料金は、許容範囲であれば多少高くても、自分たちが求めるレベルの製品を提供してくれる業者と付き合うべきです。理想は、月額料金ではなく使った分だけ発生する料金形態が理想的です。

安価な料金に騙されないことが重要!

中国輸入代行サービスを選定する際は、こんなに安くて大丈夫なのか?とよく考えてから発注するようにしましょう。弊社なら、そんな中国輸入代行サービスの選定条件をすべてクリアしています。

初回半額キャンペーンを実施中のWS INTERNATIONAL株式会社がオススメ

もし、中国輸入でこれ以上失敗したくないなら、玄人ユーザーが立ち上げた中国輸入代行サービスを利用するのが一番です。WS INTERNATIONAL株式会社では、現在、初回発注時の手数料が半額になるキャンペーンを実施中です。詳しくは下記の詳細ボタンからご確認ください。